図書館資料への書き込みは迷惑ですが・・・

今日は近所の図書館で何冊か本を読んできました。

その中の一冊に以前の利用者が書いたらしい傍線が何か所も残されていました。

図書館資料はみんなのもの。

目的が何であろうと、図書館資料への書き込みはいけません。

図書館資料への書き込みを見て、イライラした経験のある人も多いのではないでしょうか?

でも、イライラしたところで、犯人にその気持ちが届くことはないんですよね。

残念なことに。

なので、私は書き込みを見つけた時、発想を変えてそれを楽しむことにしています。

書き込みをした犯人の思考を想像しながら読むのです。

例えば、傍線が引かれているのは、おそらく犯人が重要だ、大切だと思った箇所。

そこで犯人の個性が見えます。

自分はそれほど重要とは思えないけれど、この人はここが重要だと考えたのか。

だとすると、この人がこの本を手に取ったのはこういう理由だろうか?

そんなことを考えながら読み進めると、普段の読書とはまた違った面白みが感じられると思うのです。

繰り返しますが、目的が何であろうと、図書館資料への書き込みはNGです。

書き込み癖のある方は「楽しんでる人間がいるならいいか」などと考えないでくださいね。